サイレンを鳴らして走行していた救急車に乗用車が衝突して搬送を阻止

1月24日、広島市の国道2号で、病人を乗せてサイレンを鳴らして緊急走行していた救急車に乗用車が衝突し、搬送を阻止した格好となった。

24日午後1時50分ごろ、広島市南区の国道2号の出汐町交差点で、救急車と乗用車が衝突する事後があった。市消防局と広島南署によると、救急車は急病人を搬送中で、赤色灯を付けてサイレンを鳴らしていたという。けが人はいなかった。事故後、病人は別の救急車で搬送したという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ