福山城で何者かがキズをつける

中国・四国地方の城で傷が相次いで見つかっているという。福山城(福山市)でも国の重要文化財になっている門の柱などに傷が合わせて9カ所見つかり、市は警察に被害届を出すことにしているという。

1月18日、岡山城(岡山市)で天守閣などに傷が見つかったことを受けて福山市は1月20日、福山城で同じような被害がないか職員が見回って確認した。

その結果、国の重要文化財に指定されている「筋鉄御門」の柱や、市の重要文化財の「鐘櫓」の引き戸など合わせて9カ所に傷が見つかった。

市によると、いずれも先端が丸く固いもので削ったような傷で、中には長さが50センチ近くになるものもあったという。

市は1月21日にも警察に被害届を提出することにしている。

中国・四国地方では12月から1月にかけて、高知市の高知城や松山市の松山城などでも同じような被害が相次いでいる。(NHK広島)



福山城 キズ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ