広島県東部建設事務所の職員がJR東尾道駅で盗撮して現行犯逮捕される

1月19日、尾道市にある駅の構内で盗撮をしていたとして、県の職員が現行犯逮捕された。現行犯逮捕されたのは、県・東部建設事務所の職員・山手望知世容疑者(34)。

警察によると、山手容疑者は、19日午前7時25分ごろ、JR東尾道駅の構内にある階段で、女子高校生のスカートの中にスマートフォンを向けて動画を撮影した疑い。山手容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。警察には「東尾道駅で、女性を盗撮している人がいる」という情報が以前から寄せられていて、警察官がパトロールしていたところ、犯行を目撃したため逮捕したという。県の人事課は「今後、事実関係を確認したうえで、適切に対処したい」としている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

こいつを解雇してまともな人を採用するべし

2021/01/20 (Wed) 01:04 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ