16年間無免許だった男が無免許運転で現行犯逮捕される

1月18日、2005から16年間にわたって無免許だった男が、無免許運転で現行犯逮捕された。年齢から逆算すると、19歳で免許が失効していたことになる。

1月16日、安佐北署は、広島市東区馬木8丁目、建築業伊藤亮也容疑者(37)を道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は安佐北区安佐町飯室の国道191号で、無免許で乗用車を運転した疑い。パトロール中の署員が職務質問をして発覚した。2005年から運転免許が失効していたという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ