米NNSA臨界前核実験「ナイトシェードA」(NightshadeA)

アメリカが20年11月、核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことが分かった。アメリカが臨界前核実験を行ったのは、19年2月以来で、トランプ政権では3回目。

アメリカ・エネルギー省傘下のNNSA(核安全保障局)は1月15日、20年11月に西部ネバダ州にある核実験場で臨界前核実験を行ったことを明らかにした。今回の実験は「ナイトシェードA」と名付けられたという。

NNSAは実験の詳しい内容を明らかにしていないが、アメリカが臨界前核実験を行ったのは、19年2月以来で、トランプ政権では3回目。

トランプ政権は2018年2月、新たな核戦略を発表し、ロシアや中国に対抗するため、「低出力核」と呼ばれる威力を抑えた核兵器の増強などを打ち出し、核関連施設の近代化のための予算を拡充するなど核戦力の強化を目指してきた。(NHK広島)




NNSA_02.png


NNSA_01.png


【合わせて読みたい記事】

日本の原爆開発と広島原爆投下を振り返る

米政府がオバマ大統領の政権下で初めて臨界前核実験を実施し、核が廃絶されないことが証明された

ロッキーフラッツ核兵器工場~核兵器を廃絶しないアメリカ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ