「秋田県民に怒り?」元農水相・吉川貴盛被告とアキタフーズ元代表・秋田善祺被告を贈収賄罪で在宅起訴

秋田県とは縁もゆかりもないアキタフーズの元代表が、贈収賄罪で在宅起訴された。ただ、その代表の名前が”秋田”だったのだ。秋田県民としては、いい迷惑じゃないだろうか。残念ながらアキタフーズは当分、広島県民らの手によって、全国制覇を目指すだろう。

吉川貴盛元農水大臣が、福山市にある鶏卵生産会社、アキタフーズの元代表から現金を受け取ったとされる事件で、東京地検特捜部と広島地検は、吉川元大臣と元代表を贈賄や収賄の罪などで在宅起訴した。

東京地検特捜部は、元農水大臣の吉川貴盛被告(70)を収賄の罪で、「アキタフーズ」の元代表・秋田善祺被告(87)を贈賄の罪で、それぞれ東京地裁に在宅起訴した。

吉川被告は、大臣在任中の2018年11月から19年8月に都内のホテルや大臣室で秋田被告から3回にわたって、現金合計500万円を受け取った罪に問われている。

また、広島地検は、秋田被告を政治資金規正法違反の罪で広島地裁に在宅起訴した。

秋田被告は、吉川被告の政治団体のパーティー券300万円分と河井克行被告の後援会のパーティー券234万円をアキタフーズが購入したにも関わらず、複数の社員の名義で購入したように装った罪に問われている。(RCC)




アキタフーズ秋田会長 吉川元農水相


アキタフーズ 秋田会長

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ