広島市内の4区の住民と就業者に強制力のない無料PCR検査

広島県が、新型コロナ「集中対策」の一環として、特に感染者が多い広島市の4つの区に住む人と働く人を対象にした集中検査を実施する方針だという。

対象区域は、中区・東区・南区・西区。

県は、「感染者が多い地域で集中的に検査をすることで、感染者を早期に発見して感染拡大を未然に防ぐことが目的」としている。

対象となる4つの区の住民はおよそ60万人。通勤・通学している人はおよそ10万人から20万人に上るとみられている。希望者は無料でPCR検査などを受けられるよう、方法や時期について検討しているという。

県は、「広島市では無症状の人も多いとみられるため、対象地域では症状のあるなしにかかわらず、検査を受けてほしい」としている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ