新型コロナ、新たに広島市内の5カ所でクラスター発生など119人が感染、県内延べ3953人

1月8日、広島県内では、広島市で79人の感染が確認されるなど、合わせて119人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。1日の発表が100人を超えたのは先月26日以来。

広島市は年始に、市内の2つの医療機関と高齢者施設、それに介護事業所と接待を伴う飲食店の合わせて5カ所で5人以上の感染者の集団(クラスター)の発生が明らかになったと発表した。

また、福山市で10人、呉市で5人、三次市で7人の感染が確認された。

広島市は新型コロナウイルスに感染し入院していた患者1人が7日、死亡したと発表した。

これで県内で新型コロナウイルスに感染し亡くなった人は55人となり、感染者は延べ3953人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ