広島市安芸区で住宅1棟が全焼 住民の父親と娘2人は無事⇒娘を放火容疑で逮捕

1月7日朝、広島市安芸区の住宅街で、住宅1棟が全焼する火事があった。火事があったのは、広島市安芸区船越4丁目の住宅。警察と消防によると、7日午前7時すぎ、付近の住民から「近くの家から炎が見える」と複数の通報があった。

消防車15台が出動し、火はおよそ2時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼した。住宅には、80代の父親と50代の娘が住んでいて、当時、2人とも家にいたが無事だったという。

現場は住宅が密集している地域で、一時、騒然とした。警察と消防が火事の原因を調べている。(RCC)


自宅に火を付けた女を逮捕

1月7日朝、広島市安芸区で自宅に火をつけて全焼させたとして、無職の女が逮捕された。放火の疑いで逮捕されたのは、広島市安芸区船越の無職檜崎香容疑者(57)。警察によると、檜崎容疑者は、7日午前7時ごろ、自宅の木造2階建て住宅の室内に火をつけ、全焼させた疑いがもたれている。この家には檜崎容疑者と父親(89)の2人で暮らしていたが、父親は出火当時外出しており、けがはなかった。調べに対し檜崎容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。警察は、動機などについて詳しく調べを進めている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ