ロシア人が広島で泥棒して再逮捕

1月6日、ロシア国籍の2人が広島県内で泥棒をして再逮捕された。6日、広島県警捜査3課と安佐北署は、いずれもロシア国籍で住所不定、中古車販売業のダツーク・セルゲイ・セルゲイエビッチ(38)と、中古車部品販売業のドロズド・オレグ・ブラジーミロビッチ(37)の両容疑者を、建造物侵入と窃盗の疑いで再逮捕した。

再逮捕容疑は、2人は共謀して20年11月30日から12月1日までの間、北広島町内の工場に侵入して、車の部品の触媒など約50個、計384万7千円相当を盗んだ疑い。

同署によると2人は「何のことがわからない」と供述しているという。

2人は安佐北区のドラッグストアで窃盗の疑いで逮捕されていた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ