広島駅ビル解体現場から出た金属クズを横領した6人を逮捕

1月6日、広島駅ビルの解体現場から出た金属のクズを横領したとして、警察は現場の作業員や会社経営者など6人を逮捕した。業務上横領の疑いで逮捕されたのは、会社役員の清水弘信容疑者(57)や会社員の貞光亮容疑者(44)など6人。

6人は共謀し20年7月4日、広島市南区の広島駅ビルの解体現場から出た金属のクズを、貞光容疑者らが勤務する会社が預かって保管している間に清水容疑者らが経営する会社に161万円で売却して横領した疑い。貞光容疑者は工事現場の責任者で清水容疑者は他の容疑者と共同で会社を経営していた。

警察は6人の認否を明らかにしていないが、この他にも横領した可能性があるとみて余罪を調べている。(広島テレビ)



広島駅金属クズ窃盗


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ