アキタフーズ元代表が河井克行被告にも現金300万円

1月6日、鶏卵生産大手「アキタフーズ」の元代表が参院選をめぐる買収事件で、裁判中の河井克行被告にも「参院選前に300万円渡した」と周囲に話していることがわかったという。

「アキタフーズ」元代表は、吉川貴盛元農水大臣の在任中に500万円を渡した疑いがあり、東京地検特捜部と広島地検が捜査している。

関係者によると元代表は、克行被告にも「参院選前に300万円渡した」と周囲に話しているという。

「アキタフーズ」をめぐっては、2013年以降、克行被告が支部長を務める自民党の政党支部に1800万円を超える多額の寄付をしていたことが分かっているほか、元代表は克行被告と吉川元大臣と東京でたびたび会食していて、吉川元大臣が元代表から200万円を受け取ったとみられる日にも克行被告は会食に同席していたことが分かっている。

元代表は、20年4月から検察当局から任意で事情を聴かれていて、克行被告にも現金を渡した旨の説明をしているとみられている。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ