「司法修習生以下だ」罵倒されて自殺した広島地検男性検事の両親が公務災害申請

広島地検に在籍していた男性検事=当時(29)=が2019年12月に自殺し、両親が公務災害を申請することが1月5日、分かったという。男性は「上司から叱責された」と同僚に悩みを相談していたという。両親は検察側から原因は不明と伝えられており「真実を知りたい」と話した。地検は「一切お答えしかねる」とコメントしている。

男性は19年12月10日、広島市内の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。当時、広島地検検事で20年7月に退官した橋詰悠佑弁護士は、死亡の約1週間前、男性から相談されたと証言。「上司が『司法修習生以下だ』と罵倒した」と話していた。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ