新型コロナ、一気に千人越えの「頭狂」から「逃狂」へ、広島は6人死亡など87人が感染、県内延べ3319人

12月31日、新型コロナウイルスの感染者数が東京で一気に1000人を超え、1337人となった。全国では4518人の感染が確認され、重症者はこの日、13人増え、681人となった。死者は48人が確認された。(共同)

東京(頭狂)から逃げ出す住民(逃狂)が増えそうな気配だ。

広島県内では、新たに新型コロナウイルスに87人の感染が確認された。内訳は、広島市で66人、福山市で9人、呉市で6人、廿日市市で3人、東広島市で2人、府中市で1人。

広島市では、10歳未満から90歳代まで幅広く感染。

府中市の高齢者施設と、江田島市の海上自衛隊では、新たにクラスターが発生した。

また、福山市の入院患者1人と、広島市の入院患者5人の計6人の死亡が確認された。

これで、広島県内の感染者は、延べ3319人となった。(TSS、NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ