マツダ社「事件・不祥事の10年史」ベスト5

マツダ・MAZDA CX-3の開発責任者という立場の人が、なんともフレーバーな犯罪を起こして逮捕されたと報道された。マツダの事件や不祥事については、2010年に宇品工場で派遣社員が暴走運転する車に、従業員らが次々とはねられるという事件が記憶に新しい。

ちょうど、このブログサイトを開設して間もなく起きた事件となった。

自動車メーカーでは、リコールや労基法違反などは、他の自動車メーカーでも起こりうる話だが、マツダに関しては少し多い気がする。

そこで、マツダ株式会社(広島県安芸郡府中町)の10年間を振り返り、栄えある事件ベスト5を選んでみたい。

もっと詳しく見たい人は、カテゴリの「マツダ」をクリックすると、ズラリと出てくるのでじっくり見ることをお勧めする。

そして考えよう。広島のマツダとはいったい何なのか。


マツダ社 事件・不祥事の10年史 ベスト5

第5位 マツダ社員寮で300万円恐喝
2016年9月、マツダの社員寮で、寮に入っていた従業員同士の多額の恐喝事件が明らかになり、元期間工の男が逮捕された事件。

マツダ社員寮で300万円の恐喝事件 元期間工逮捕

第4位 マツダ副本部長が公衆トイレで盗撮
2015年6月、マツダの幹部が盗撮目的で黄金山の公衆トイレにカメラを設置して逮捕された事件。逮捕されたのはマツダのカスタマーサービス本部などの副本部長で、後に懲戒解雇されている。

マツダの幹部が盗撮目的で黄金山の公衆トイレにカメラを設置

第3位 マツダCX-3開発責任者が飲酒運転&コンビニで万引きして逮捕される
2020年12月、MAZDA CX-3などを手掛けた車両開発の責任者が飲酒運転とコンビニで万引きして逮捕されたという事件。

マツダCX-3開発責任者が飲酒運転&コンビニで万引きして逮捕される

第2位 広島マツダ宇品工場で元派遣社員が車で暴走
2010年6月、マツダ宇品工場(広島市南区)で、派遣社員が運転する車に従業員らが次々とはねられ、1人が死亡、10人が負傷した事件。犯人の男は、会社に解雇されて恨みがあり、むしゃくしゃしてやった、というのが犯行動機だったようだ。男には無期懲役の判決が言い渡された。

広島マツダ宇品工場、元派遣社員が車で暴走

第1位 マツダ社員寮で従業員が殺される
 2016年9月、マツダの社員寮の非常階段で19歳の男性従業員が血を流して死亡した事件。殺されたのは、この寮に住む従業員で、犯人は同じ寮に住む同僚の男だった。男には無期懲役の判決が言い渡された。

マツダ社員寮で従業員が殺される

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ