スーパーイズミの販売商品「バスマット」にアスベスト発覚

12月28日、商業施設を展開するイズミ(広島市)は、ケイ藻土を使うバスマット4商品に、法令の基準を超えるアスベスト(石綿)が含まれていたと発表した。8月7日~12月25日に販売された約1200点を自主回収するという。

回収対象は広島など12県の「ゆめタウン」計65店舗で取り扱っていた「珪藻土バスマット 無地グレー」など4商品。通常使用では問題ないが、破損などの際に石綿が飛び散る恐れがあるという。

購入者は、袋に入れてテープなどで閉じ、近くの店舗に持ち込むよう呼び掛けている。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ