平和大通りでパトカーとタクシーが衝突

12月25日、平和大通りでパトカーとタクシーが衝突する事故があったという。内容からすると、タクシー側が一時停止しなかったことが、事故の原因だと思われる。

12月25日午前11時25分ごろ、広島市中区中島町の平和大通り交差点で、広島中央署地域1課の男性警部補(57)が運転するパトカーと、広島市西区のタクシー運転手男性(73)の乗用車が衝突した。

同署によると、パトカーは交差点付近で交通違反車両を発見し、赤色灯をつけてサイレンを鳴らしながら赤信号の交差点を南進しようとした際、平和大通りを西進中だった乗用車と衝突した。けが人はいなかったという。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ