ドラッグストアで精力剤を万引きした福山市の教師が59歳で依願退職

12月23日、広島県教委は、ドラッグストアで万引きしたとして、福山市立中の男性教諭(59)を、停職1カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。発表によると、教諭は11月27日、同市内のドラッグストアで精力剤(2980円相当)を万引きした。12月6日に窃盗容疑で逮捕されたが、福山区検が不起訴としたという。県教委の聞き取りに、教諭は「商品をレジに持っていくのが恥ずかしかった。生徒らの信頼を裏切り、悔いている」と話したという。(読売)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ