誰もいないはずの紅葉カントリークラブの4番ホールで火事

廿日市市にある紅葉カントリークラブで火事があったという。火事があった場所は、誰もいないコースだという。なぜそんな場所で火事があったのか。

12月22日午後1時45分ごろ、廿日市市友田の広島紅葉カントリークラブの4番ホールから出火。芝約2400平方メートルを焼いた。同クラブによると、芝刈り機のエンジンの熱で芝生が燃えたとみられるという。当時、コースの利用者はいなかった。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ