首都圏6駅に「ばかたれー!!」広島県観光連盟が広島弁でメッセージ

12月21日、「ばかたれーっ!!」と始まるメッセージが書かれたポスターが東京駅などの首都圏6駅に貼り出されたという。元々、広島県観光協会が帰省を応援するメッセージを企画していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、急きょ、変更したものだという。

メッセージには、

ふーっ、ふーっ・・・・・・いきなり取り乱して大変失礼しました。広島県観光連盟です。実はわたしたち、東京に住む同郷のみなさんへ、「帰っておいで」と帰省応援のメッセージをお届けする予定でした。でもまたコロナウイルスのせいで、お蔵入りに・・・・・・。一体いつになったらみんなに安心して帰っておいでと言えるのか。本当に寂しくて、悔しい思いです。だから、今回ばかりは叫ばせてくれませんか。コロナウイルスのばかたれーっ!!わしらは負けんけえー!!!!・・・って。東京に暮らしている広島人のみなさん、なかなか会えんのは寂しいけれど、こっちはこんな感じで元気にやっとるよ。みなさんの帰る場所は、絶対、無くなりゃあせん。じゃけえもうひと踏ん張り、一緒に頑張ろうや。また会えるのを、待っとるけぇ。

と書かれている。


【観光連盟が書いた広島弁の考察】

文章は概ね通じる内容となっているが、一部の広島弁の表現方法について補足しておきたい。

まず、「わしらは負けんけえー」の部分で、「負けんけー」とせず、あえて語尾に「え」を入れる場合があるが、これはどちらでも良い。

次に、「じゃけえもうひと踏ん張り」の「じゃけえ」の部分で「だけー」と言う人も多い。この部分については県内の地域の特性もあるが、文章にしたときには「じゃけえ」の方が方言として色が濃いと思われる。

最後に、さらに広島弁を色濃くするには、「わしらは負けんけえーのぉー」と、語尾に「のぉー」を付け加える。

「待っとるけぇ」についても「待っとるけぇのぉー」と語尾に「のぉー」とする。

これで完璧な広島弁が完成する。


Twitterより
広島県観光連盟 ばかたれー

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ