福山市の寺岡記念病院で15人が新型コロナウイルスに感染

12月11日、福山市は、福山市新市町にある寺岡記念病院で、新型コロナウイルスの院内感染が確認されたと発表した。感染したのは、入院患者11人と、職員4人の合わせて15人。

寺岡記念病院では、感染が確認された患者がいたフロアの全患者と全職員のあわせて164人(入院患者30人・職員など134人)の検査を行い、陽性が確認された人以外の149人は陰性だったことを確認したという。

尚、病院側では、全職員についても今後、検査を実施するとしている。

この事態をうけ、福山市は、広島県に感染症対策支援チームの派遣を要請したという。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ