県主催のイベントのスタッフ3人が新型コロナウイルスに感染

12月11日、広島県が主催したイベントのスタッフ3人が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かったという。3人は広島市在住の60代と30代2人。

12月5日(土)6日(日)に広島市総合福祉センターで行われた「ヒューマンフェスタ」に2人が音響スタッフとして1人が運営スタッフとして関わった。

県はPCR検査を出演者と委託業者の99人全員が受ける方向で、来場者約210人については希望者のみ実施する方向で調整しているという。

また、60代のスタッフは12月3日(木)4日(金)8日(火)にエソール広島で行われた「女性活躍支援研修」にも参加していたという。

関係者(県の職員含む)や受託業者10人全員がPCR検査を受ける方向で調整していて、受講者58人に関しては保健所の指示に従うよう連絡しているという。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ