中国新聞社の社員が新型コロナウイルスに感染して発熱を繰り返す危険な状態

12月10日、中国新聞の社員が新型コロナウイルスに感染したという。発熱があり、その後、下がったというが、また発熱したという。非常に危険な状態にあると思われる。新聞代を下げたりするのだろうか。

中国新聞社(広島市中区)は、本社編集局編集センターに勤務する広島市西区の40代社員女性が新型コロナウイルスに感染したと公表した。

社員女性は12月5日朝に一時発熱し、その後、下がったが、8日に再び発熱した。9日に病院でPCR検査を受け、10日に陽性と判明した。入院などの準備を進めているという。市は近く、社員女性の感染について発表する予定。

社員女性は本社内で紙面レイアウトなどをする編集作業に当たっており、業務で社外の人と接触する機会はなかったという。(中国)

 
関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無し  

>新聞代を下げたりするのだろうか。

ここに繋がる理由がサッパリ分からん。

2020/12/12 (Sat) 10:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ