新型コロナ、熱があるのに出勤&飲食店でマスクしないなど58人が感染、県内延べ1315人

12月10日、広島県内では、新たに58人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。このうち、50人の感染を発表した広島市では、事業所と接待を伴う飲食店でクラスターが発生した。

また、市内の事業所と接待を伴う飲食店でクラスターが発生し、これまでに事業所では20代から40代の8人、接待を伴う飲食店では30代から70代の5人の感染が確認されたという。

市によると、事業所では発熱などの症状がある従業員が出勤していて、飲食店でもマスクを着用していないなど対策が徹底されていなかったという。

市は感染の経緯を調べるとともに必要に応じて関係者の検査を進めることにしています。

この他、県内では福山市で6人、呉市で2人の感染が発表され、これで県内での感染確認は延べ1315人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

中筋小でコロナ感染者

2020/12/10 (Thu) 19:58 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ