キッシー、宏池会名誉会長古賀誠氏の名前を同派の名簿から外す模様

12月9日、自民党の岸田文雄前政調会長率いる岸田派(宏池会、47人)が、近く古賀誠名誉会長の名前を同派の名簿から外すことが分かったという。古賀氏は岸田氏が菅義偉首相に敗れた20年9月の総裁選後、岸田氏に名誉会長を退任する意向を伝えていた。「ポスト菅」をうかがう岸田氏は、政治の師と仰いできた古賀氏から名実ともに自立したことをアピールしたい模様。

古賀氏は岸田氏に派の会長を引き継いだ平成24年に政界を引退したが、以後も派の議員を物心両面で支えてきた。一方、岸田氏は先の総裁選で、麻生太郎副総理兼財務相から、支援する条件として地元の福岡県で対立する古賀氏との関係を清算するよう求められたが、応じることができなかった経緯がある。

岸田氏は「(古賀氏との関係は)徐々にフェードアウトしていく」と説明していた。(産経)



宏池会 古賀誠名誉会長  岸田文雄会長

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ