新型コロナ、50代が死亡、銀山町のグルーブ公表、警察官や教員なども相次いで感染

12月8日、広島市では、広島市中区銀山町にある飲食店「Groove」(グルーブ)でクラスターが発生し、これまでに従業員と店を訪れた人の合わせて7人の感染が確認されたと発表した。

また、広島市は50代の1人の死亡も発表した。県内で死亡が確認された人は8人。

さらに、安芸区の市立中学校では30代の教員1人の感染が確認された。広島市内で公立学校の教員の感染が確認されたのは初めてとなる。

このほか、県西部県税事務所廿日市分室(廿日市市)の60代、広島障害者職業能力開発校(南区)の50代、県警警察官の40代も感染した。(RCC、中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/d48806d505b4d8e894e7ec8e89f2fc062afec7df

火災で死者

2020/12/09 (Wed) 01:54 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/d48806d505b4d8e894e7ec8e89f2fc062afec7df

火災で死者

2020/12/09 (Wed) 01:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ