新型コロナ、50人が感染、1人が死亡、県内延べ1178人

12月8日、広島県内では、新たに50人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。このうち36人の感染を確認した広島市では、西部県税事務所の廿日市分室で受付や窓口の業務をしていた県職員の感染も含まれている。

広島県は8日午後会見を開き、新たに60代の県の職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。この職員は、広島市在住で西部県税事務所の廿日市分室で受付や窓口の業務をしていたという。

広島市内ではこの他、安芸区の市立中学校の教員1人の感染が確認され、教員が勤務する中学校が9日から11日までの3日間、臨時休校となるなど、合わせて36人の感染が確認された。

8日は、福山市や呉市などで新たに14人の感染が発表された。

これで県内での感染の確認は延べ1178人となった。

この他、広島市は1人の死亡を発表し、これで県内で新型コロナウイルスに感染し死亡が確認されたのは8人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

矢野中学校の教員がコロナ感染

2020/12/08 (Tue) 20:06 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ