三原市の久井養鶏場で鳥インフルエンザ発生、広島県内初

12月7日、三原市の養鶏場で、鳥インフルエンザが発生したという。発生した場所は久井養鶏場(三原市久井町坂井原)。県はおよそ13万4000羽の殺処分を行う方針。

12月6日、三原市の養鶏場で死んでいるニワトリが増加したことをうけ、東部畜産事務所から通報を受けた県が立ち入り検査を行い、陽性を確認した。

県は7日午前9時半から、鳥インフルエンザが確認された三原市の養鶏場の8万1000羽と、同じ人が経営する三原市内の別の養鶏場の5万3000羽、合わせて13万4000羽を殺処分し消毒を行う。

この養鶏場から10kmまでは「搬出制限区域」などに指定され、区域内の養鶏場で飼育されているニワトリや卵の持ち出しが禁じられる。

広島県で鳥インフルエンザが確認されたのは、記録をとり始めた2004年以降で初めてとなる。(TSS)



三原市久井 養鶏場 鳥インフルエンザ

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ