新型コロナ、42人が感染、県内延べ1128人

12月7日、広島県内では新たに42人が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。このうち広島市では28人の感染が確認され、事業所でクラスターが発生。市は感染の経緯を調べるとともに必要に応じて関係者の検査を進めることにしている。

また、市内の事業所でクラスターが発生し、これまでに5人の感染が確認されているという。いずれも、症状がないか軽症だという。

この他、県内では福山市で6人、東広島市で7人、三原市で1人の感染の確認が発表された。

これで県内での感染の確認は延べ1128人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ