広島市の無職の男が島根県飯南町の事務所に侵入強盗

11月、島根県の会社事務所に侵入し、金庫から現金およそ2万7千円を盗んだとして、広島市に住む52歳の無職の男が12月7日、窃盗の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、広島市中区舟入本町の無職・四ケ所誠(しかしょ まこと)容疑者(52)。

警察によると、四ケ所容疑者は11月25日午後6時過ぎから翌日の午前8時半までの間に、島根県飯南町にある会社事務所に侵入し、金庫をこじ開けて中から現金およそ2万7千円を盗んだ疑い。

20年6月以降、広島と島根の両県で会社事務所を狙った同様の被害が複数確認されていて、広島県警と島根県警が合同で捜査を進めていた。

調べに対し四ケ所容疑者は、「やっていません」と容疑を否認しているという。警察は確認されている他の被害との関連も調べ、余罪も厳しく追及していく方針。(TSS)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ