新型コロナ、52人⇒60人が感染、さらに患者1人が死亡、県内延べ1086人

12月6日、広島市は10代から80代の合わせて48人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。また、福山市は、新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。広島県内では6日、呉市ですでに2人の感染が確認されていて、広島市の発表を合わせると1日の発表数が52人となり、これまでで最多となった。

これで県内での感染の確認は延べ1078人となった。

また、広島市は、新型コロナウイルスに感染し、医療機関に入院していた患者1人が6日、死亡したと発表した。

これで広島県内で死亡した人は7人になった。(NHK)


過去最多の60人が感染

広島県内では広島市が3件の感染者の集団(クラスター)が発生したと発表したほか、呉市や福山市などでも感染が確認され、1日の発表数としては最多となる合わせて60人の感染が発表された。

広島市は12月6日午後、会見を開き、合わせて48人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。市はこのうち、接待を伴う飲食店と事業所の職場、それに、知人の集まりによる1つの会食の合わせて3件でクラスターが発生したとしている。

3件のクラスターで感染が確認された人たちは、いずれも症状がないか、軽症だという。

その後、広島市は小学校の10代の児童1人も新型コロナウイルスに新たに感染していることが確認されたと発表し、児童が通う小学校は、7日から9日まで全学年を対象に臨時休校とするという。

6日は呉市や福山市などでも感染が発表され、県内では1日の発表数としては最多となる60人の感染が明らかになった。

これで、広島県内での感染確認は延べ1086人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

山本小学校でコロナ感染者

2020/12/07 (Mon) 11:52 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ