福山市坪生町で住宅が全焼 1人の遺体が見つかる

11月2日朝、福山市の住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。2日午前7時過ぎ、福山市坪生町の片岡嘉子さんの住宅で通行人から「建物が燃えている」といった通報が複数あった。警察や消防によると、消防車5台が出動して消火活動にあたり、火はおよそ1時間半後に消し止められたが、片岡さんの住宅の母屋と離れ2棟が全焼し、母屋から一人の遺体が見つかった。

また、離れに住む片岡さんの息子が顔をやけどする軽傷を負い、50代の消防団員も煙を吸って救急搬送された。出火元は母屋の1階とみられていて警察は片岡さんと連絡が取れなくなっていることなどから、遺体は片岡さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火原因などを調べている。(TSS)



福山市坪生町 住宅火災

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ