今治市でエンジンがかかったままの無人の船が見つかる

11月29日、三原市の漁港からタコ漁に出た船が、愛媛県今治市でエンジンがかかったまま無人で見つかったという。乗っていた男性が行方不明になっているという。

29日午後3時ごろ、愛媛県今治市で「エンジンがかかったままの無人の船が海岸に漂着している」と付近の住民から第6管区海上保安本部に通報があった。

尾道海上保安部によると、29日午前9時ごろ、三原市の幸崎漁港から1人でタコつぼ漁に出た古谷修久さん(75)と連絡が取れていないという。

発見された船に衝突した痕などはなく、古谷さんは海中に転落した可能性が高いという。(HOME)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ