林業作業員の男が乾燥大麻所持で3回目の逮捕

広島市安佐北区の男が大麻を栽培したり、淫行した容疑で逮捕されていたが、今度は乾燥大麻を所持したとして、林業の作業員が再逮捕された。

11月27日、安佐北署は広島市安佐北区可部1丁目、林業作業員大本竜也容疑者(32)=県青少年健全育成条例違反(淫行)と大麻取締法違反(栽培)の疑いで処分保留=を、大麻取締法違反(所持)の疑いで再逮捕した。

逮捕は3回目。

10月28日と11月20日に自宅で大麻などを所持した疑い。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ