尾道市向島町の山中で大麻草を栽培した男を逮捕

尾道市の山中で大麻を栽培したとして男が逮捕された。11月13日に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、尾道市向島町の販売員・川中拓哉容疑者(24)。警察によると、川中容疑者は、20年6月に尾道市向島町の山中で大麻草7本を栽培した疑い。7月ごろ、「山の中に大麻がある」といった情報が警察に寄せられたことから今回の逮捕に至ったという。川中容疑者は、「見たことも聞いたこともない」と容疑を否認しているという。警察は、川中容疑者の関係先の部屋から大麻草とみられる植物53本やおよそ120点の栽培器具などを押収していて、営利目的で栽培していた可能性もあるとみて調べを進めている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ