安倍晋三前首相のポスターが何者かに引き裂かれる

11月24日、「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍晋三前首相側が会場となったホテル側に少なくとも2015~19年の5年間で、参加者から徴収した会費では足りなかった総額800万円余を支払っていた疑いがあるという。

11月25日、安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に東京都内のホテルで開催した夕食会で、安倍氏周辺が費用の一部を補填したことを認めていることが分かったという。

告発状の提出を受け、捜査している東京地検特捜部に対しても、同様の説明をしているという。特捜部は、安倍氏の公設第1秘書や地元支援者から複数回、任意で事情聴取。政治資金規正法違反(不記載)などに当たるか調べているという。

さらに、この問題を受けてなのか、それとも、前自民党の河井克行&案里被告に嫌気が差したのか分からないが、広島市郊外で、安倍晋三前首相のポスターが何者かによって鋭利な刃物のようなもので引き裂かれていた。

安倍晋三前首相の顔面が真っ二つだ。

ポスターが引き裂かれた時期は不明だが、もしかしたらこの土地の所有者が、自民党広島県連の了解を得てポスターを剥がした可能性もある。きれいに剥がそうとしたが、面倒だから切り裂いたと。

ただ、少し誤解を生みそうな剥がし方だ。


この場所、分かるかな?

自民党・安倍晋三前首相 ポスター 広島

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ