新型コロナ、広島市で11人が感染→14人、県内延べ722人

11月18日、広島市は新型コロナウイルスの新規感染者が11人出たことを確認したと発表した。関係者によると、広島市に住む11人が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。広島市で10人を超えるのは8月1日以来だという。感染者集団(クラスター)ではないという。

広島市は気温や湿度の低下による感染リスクが高まるのを避けるため、常時換気や適度な湿度を保つよう呼び掛けている他、マスクの着用、手洗いの徹底、3密の回避も引き続き徹底してほしいとしている。(TSS)


11月18日、広島県は、廿日市市で2人、三原市で1人、尾道市で1人の合わせて4人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表した。

感染が確認された4人は20代から60代で、無症状が2人、微熱などの症状がある人が2人となっている。

また広島市でも20代から70代の10人が感染していることが確認されている。

これで県内での感染者数は延べ722人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

本川小でコロナ陽性者

2020/11/19 (Thu) 18:28 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ