廿日市市の国道で自動車やバイク3台が絡む事故が発生

11月16日朝、廿日市市の国道で軽自動車やバイクなど3台が絡む事故があり、男女2人がけがをして病院に搬送された。16日午前6時すぎ、廿日市市宮浜温泉の国道で、岩国市方面から走ってきた軽自動車がセンターラインをはみ出し、対向車線を走っていたバイクと衝突。バイクはさらに、後ろから走ってきたトラックにも衝突した。

この事故で、軽自動車を運転していた50代の女性とバイクを運転していた30代の男性の2人が病院に搬送された。事故の影響で一時、7キロを超える渋滞となった。(TSS)


バイクの男性 死亡

16日朝、廿日市市の国道で、軽乗用車とバイク、トラックの3台がからむ事故で、バイクを運転していた男性が死亡した。警察によると、午前6時過ぎ、広島市方面に向かって走っていた軽乗用車が中央線をはみ出し、対向車線を走っていたバイクと衝突。バイクが転倒し、後ろからきたトラックに巻き込まれた。

この事故で、バイクを運転していた廿日市市の理学療法士・北山亮太さん(36)が頭を強く打ち、搬送された病院で死亡が確認された。

軽乗用車を運転していた53歳の女性は、左手の指の骨折とみられるけがをしたという。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ