東広島市志和町で乳児が遺体で発見される

11月12日午後、東広島市の住宅で、生後間もない乳児が死亡しているのが見つかったという。12日午後3時ごろ、東広島市志和町の住宅で乳児が死亡しているのが見つかった。捜査関係者によると、乳児の20代の母親はベトナム人の技能実習生とみられていて、この女性の知人が通報したことにより事件が発覚した。

女性は警察に対し「きのう死んで生まれた、どうしたらいいかわからなかった」と話しているということで、警察は乳児の遺体を司法解剖して死亡に至る経緯を詳しく調べることにしている。容疑が固まり次第、死体遺棄の疑いで逮捕する方針。(TSS)


会社の寮の敷地に埋めていた

11月12日、東広島市の住宅の敷地で、生後まもない赤ちゃんの遺体が見つかり、技能実習生のベトナム人の母親が死体遺棄の疑いで逮捕された。遺体にはへその緒などがついていたという。

逮捕されたのは、東広島市志和町志和西に住む技能実習生でベトナム人のスオン・ティ・ヴォット(26)容疑者。警察によると、11日から12日午後2時半ころにかけて、勤務する会社の寮となっている住宅の敷地の土の中に、生後まもない女の子の赤ちゃんを埋めたとして、死体遺棄の疑いが持たれている。

スオン容疑者から「自分が産んだ子どもを埋めた」と打ち明けられた会社の関係者が遺体を見つけて警察に通報したということで、調べに対し「遺棄したことは間違ない」と供述し、容疑を認めているという。

遺体には目立った外傷はなく、へその緒と胎盤がついた状態で、遺体が見つかった住宅には同じく技能実習生の女性の同僚と2人で暮らしていたという。(NHK広島)



東広島市志和町 乳児遺体

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ