カープのジョンソン投手が今季で退団、佐々岡監督は来期も指揮

11月12日、今シーズンの全日程を終えた広島カープは佐々岡監督が来季も指揮をとるという。緒方監督に代わり、今シーズンからカープを率いた佐々岡監督、エース大瀬良投手や野村投手の離脱、抑え投手として期待されたスコット投手の不振などもあり、52勝56敗12引き分けの5位で1年目のシーズンを終えた。

来シーズンは今年2桁勝利をマークしたルーキーの森下投手、先発ローテーションを1年間守った九里投手、遠藤投手に加え、ドラフトで即戦力として期待される栗林投手を獲得、巻き返しが期待されるという。

また、K・ジョンソン投手(36)が今シーズン限りで退団する見込みであることが関係者の話で分かったという。ジョンソン投手は来日1年目の2015年に最優秀防御率、16年には沢村賞を獲得し通算57勝を挙げたが、今シーズンは10試合の登板で0勝7敗と不振を極めていた。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ