紳士服の青山商事が400人リストラ

11月10日、「洋服の青山」などを展開する紳士服大手の青山商事(福山市、東証1部)が、希望退職を募集すると発表したという。募集人数は400人で募集期間は12月14日から2021年2月19日を予定。対象は40歳~63歳未満で勤続5年以上の正社員・無期契約社員。

同社での希望退職の募集は初めてだという。

青山商事は、新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う外出自粛等の影響が大きく、今春以降、ビジネスウェアの販売不振が続いている。

今回の希望退職募集と合わせ、大幅な店舗数の削減も予定しているという。

青山商事が同日発表した2021年3月期(連結)の業績予想は、売上高1723億円(前年比20.9%減)、営業利益128億円の赤字、純利益292億円の赤字を見込む。

販売不振と店舗の減損損失、希望退職に係る損失などが響いているという。

同時に発表した2021年3月期第2四半期(連結)は売上高が前年同期比40.1%減の610億6500万円、純利益は169億3800万円の赤字だった。(東京商工リサーチ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ