愛媛と高知の県境に登山に出掛けた神石高原町の女性が遺体で発見される

11月5日、愛媛と高知の県境にある西黒森と瓶ヶ森に登山に出かけ、行方不明になっていた広島県の67歳の女性が、9日正午過ぎ、遺体で発見された。遺体で発見されたのは、神石高原町の農業・児玉美由紀さん(67)。

児玉さんは、11月5日、愛媛と高知の県境にある西黒森の登山口から瓶ヶ森方面へ出発後、行方がわからなくなり、警察や消防が延べ約180人態勢で捜索していた。9日午後0時半ごろ、機動隊員が西黒森の山頂から北西およそ300メートル離れた山の斜面で児玉さんの遺体を発見した。児玉さんは滑落したとみられていて、警察は詳しい死因を調べる方針。(RCC)


四国の西黒森で神石高原町の女性が遭難



愛媛県 高知県 西黒持山 登山

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ