四国の西黒森で神石高原町の女性が遭難

11月5日午後、愛媛県と高知県の県境にまたがる西黒森付近で登山していた広島県の女性が遭難したという。遭難しているのは、神石高原町の農業・児玉美由紀さん(67)。

警察によると、児玉さんは5日午後2時頃、愛媛県と高知県の県境にある西黒森・神鳴池登山口から1人で登山を開始し、瓶ヶ森登山口で夫と待ち合わせしていたが、予定から2時間を過ぎても到着しなかったため、午後6時半頃に夫が警察に通報した。

5日夜に警察と消防が2時間に渡り捜索しが発見できず、6日も午前9時頃から再び捜索している。児玉さんの携帯電話は電波が届かない状態で、連絡は取れていないという。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ