福山市でスマホ見ながら運転して人をはね殺した男を現行犯逮捕

10月28日夜、福山市の県道で交通整理をしていた警備員が車にはねられ、死亡する事故があった。事故があったのは、福山市瀬戸町の県道381号。

警察によると、28日午後10時45分ごろ、走行中の軽自動車が交通整理をしていた神石高原町の警備員・徳丸良雪さん(70)をはねた。徳丸さんは胸などを強く打ち、病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

警察は軽自動車を運転していた尾道市高須町の会社員・酒井賢吾容疑者(40)を過失運転致傷で現行犯逮捕した。酒井容疑者はスマートフォンを見ながら運転していたという。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ