センチュリー中本議長が保釈された河井案里被告を批判

黒塗りのトヨタ・センチュリーを乗り回す広島県議の中本隆志議長が、河井案里被告が保釈されたことを受けて、改めてあんり被告を批判した。中本議長はセンチュリーのことには触れなかった模様。

河井案里被告(47)が10月27日夜に保釈され、約4カ月間にわたり勾留されていた東京拘置所を後にした。案里被告はマスクを外して報道陣に向かって一礼し、迎えの車に乗り込んだ。

関係者によると、保釈中は都内の指定された場所で親族と一緒に生活するという。

広島県議会のセンチュリー中本議長はあらためて議員辞職を求めた。

センチュリー中本隆志県議会議長は「保釈を希望したのであれば同時に議員辞職も即刻されて、今回の事件の真相を県民の皆さま国民の皆さまに説明をちゃんとする。政治の世界には戻ってきてもらいたくない」と批判した。(HOME)


センチュリーでなきゃ仕事出来ないんじゃ!

センチュリー中本隆志議長

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ