尾道のスリリングな暴走フェリーに6回目の安全確保命令

尾道市にスリリングなフェリー運航会社があるという。会社は尾道と向島を結ぶ渡船の中で最も歴史が長いらしく、その福本渡船は大林宣彦監督の映画「ふたり」「さびしんぼう」のロケ地となったり、「龍が如く6 命の詩」にも尾道仁涯町の仁涯渡船場として描かれているという。

そんなスリリングな暴走フェリーに一度は乗ってみたい。


10月27日、中国運輸局は尾道市の福本フェリーに対し、海上運送法に基づく安全確保命令を出した。定期船を桟橋にぶつける事故を報告しなかった他、19年9月の同様の命令に対する改善策が不十分だったとして、再発防止策の提出を求めている。命令は2005年以降で6回目。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ