河井案里被告がやつれた顔で保釈、報道陣に素顔で一礼

10月27日、公職選挙法違反の罪に問われている参議院議員・河井案里被告が保釈された。東京地裁は27日午前、河井案里被告の5回目の保釈の請求に対し、初めて保釈を認める決定をした。保釈金は1200万円で、案里被告は現金で納付した。

検察側はこれを不服として「抗告」を行ったが、東京高裁はこれを退け、案里被告は東京拘置所から保釈された。

案里被告は20年6月18日に東京地検特捜部に逮捕されて以来、およそ4カ月ぶりに、東京拘置所での身柄の拘束がとかれた。

案里被告は夫で元法務大臣の克行被告と共に、19年の参議院選挙をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪で起訴されていて、20年6月から東京拘置所で勾留されていた。(NNN)



河井案里 保釈 画像
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ