安芸高田市の石丸市長が何者かのクレーム文を公開

安芸高田市の居眠り市議を内部告発してしまった石丸市長だが、その騒動はまだまだ冷めやまない。10月23日、石丸市長は、市長宛てのクレーム文(手紙か何か)をツイッターで公開した。

内容は、

「石丸さま 市長さんは安芸高田市をぶっこわしに来られたんですか?この良き町に石丸さんは必要ない様にさえ思えて来ました
意見箱や騒動の苦情などは 全て市民に公開して下さい。」

というもの。

内容から推測すると、市議会の人かまたはその身内か。

筆跡からして、50代から60代か。

一般の民間会社であれば、自社の内部情報を公に晒すことはできないが、(といっても辞めた会社はどんどん晒していくぞ!)市議会という税金でメシを食っている公僕連中の悪事を公に公開することは、「公益性」があるはずだ。


以下、石丸市長のTwitterから。

一連の騒動について。

もちろん、騒ぎを喜ぶ市民はいないと思っています。
それでもなお、「市のために糾弾しなければならない問題があった」というだけです。

苦情をたまに頂くので、その理解がまだ十分でないんだなと感じ、素直にご要望に応えてみました。大人げなくもありますが。
午後7:54 · 2020年10月23日


石丸市長宛て手紙

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ