中川俊直氏が広島4区で立候補予定「失敗してもやり直せる社会を!」

現在、広島4区では現職で自民党の新谷正義氏(45)がいるが、次期衆院選で女性問題で失職したあの中川俊直氏が立候補するという。

10月13日、次の衆院選広島4区に、元自民党の中川俊直氏(50)=東広島市=が無所属で立候補する意向を明らかにした。中川俊直氏は東広島市出身で2012年に広島4区で自民党から立候補して初当選。 2期目だった17年4月、女性問題で同党を離党し、同年10月、前回の衆院選立候補を断念した。

中川氏は「失敗しても夢や希望があればやり直しができる社会の仕組みをつくりたい。結果が出なければ、国政への再挑戦からは撤退する決意だ」と述べた。(中国)



中川俊直 2020年10月14日 記者会見

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ