海外から到着した5人(うち1人が広島県在住)が新型コロナに感染

10月11日、厚生労働省は、海外から成田と羽田、関西の各空港に到着した広島県などの男女5人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。いずれも無症状だという。空港検疫で感染が確認されたのは計1044人。厚労省によると、5人は10日に着いた20~60代で、居住地は東京都3人、千葉県、広島県各1人。4人がそれぞれ韓国、英国、キルギス、インドネシアを訪れており、残る1人の行動歴は非公表となっている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ